川島が悔やんだ“簡単なミス”と“勇気の欠如” W杯への課題は「技術以上の部分」

写真拡大

1本目で決められたPKを2本目でストップ 「2本目は最後まで我慢していこうかなと」

 日本代表は10日に行われた国際親善試合ブラジル戦で1-3と敗れた。

 相手のペースダウンもあって後半こそ盛り返したものの、悔やまれるのは3失点した前半の戦いぶりだった。FWネイマール(パリ・サンジェルマン)のPKを1本ストップしたGK川島永嗣(メス)も最後尾でその思いを抱いていたようだ。

 代表の守護神を奪回した川島にとって、久々となる強豪国との対戦だったが、試合序盤は厳しい戦いを強いられた。前半7分、DF吉田麻也(サウサンプトン)のペナルティーエリア内の競り合いで相手選手を倒し、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを献上。これをネイマールに決められて先制を許した。そして、同17分には再びPK判定。しかし、ここで川島が意地を見せる。

「1本目、速く動きすぎてしまったので。2本目は最後まで我慢していこうかなと」

 そう振り返った通り、ネイマールが独特のステップから左に蹴り込んだシュートを読み切ってボールを弾き出した。ただ、PKストップに関して言葉が少なかったのはその直後にコーナーキックからDFマルセロ(レアル・マドリード)に弾丸ミドルを浴び、リードを広げられてしまったからだ。同36分には左サイドを崩されてFWガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)に3点目を沈められた時点で、試合の趨勢は決まってしまった。

「こういう劣勢の試合があるのは間違いない」

 川島はPKストップの後の展開について言葉を続けた。

「球際だったり、いつもなら余裕を持てるシーンで余裕を持つことができなかった。失点シーンもそうだし、簡単なミスをしてボールを失うことが多かった。自分たち自身が勇気を持ってやっていかないといけないし、ミスを恐れてやってしまうと、ピンチに直結してしまう。そこは技術以上の部分だと思う」

 簡単なミスと勇気の欠如。前半に露呈した課題を、後半に修正した点については最低限の評価を下せるが、本番で同じような展開を演じてしまえば、致命傷になりかねない。この日はブラジルとの対戦だったが、ドイツ、スペイン、アルゼンチンなど他の強豪国も見逃してくれるはずはないからだ。

「ワールドカップ(W杯)に向けて、グループリーグでどういう相手が来るかまだ分からないですけど、正直こういう(劣勢の)試合があるのは間違いないし、そういう時に自分たちは勇気を持って戦っていかなければならない」

 2度のW杯を経験した守護神が口にした、重みのある言葉。次戦は同じく強豪国の一角であるベルギー戦(14日)。川島が説いた意識を、ハリルジャパンはこの短期間でもう一度浸透させられるか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images