「もったいないゲームをした」と長谷部。早い時間の失点でゲームプランが崩れたことを悔やんだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本1-3ブラジル/11月10日/リール(フランス)
 
 文字通りの完敗。特に前半は得点を奪うために攻撃にパワーを掛けてきたブラジルに一蹴されてしまった。後半、日本の守備がハマるようになったものの、長谷部誠は「もう少し本気のブラジルにチャレンジしたかった」と、残り45分間はカナリア軍団が真剣モードではなかったと暗に示唆した。
 

「個人的な感想ですが、『もったいないゲームをしたな』と。(10分にPKから)早い時間帯に失点を喫してしまい、自分たちのプランが多少なりとも崩れてしまった。2点目もセットプレーの流れからだが、ブラジルはああいうシュートを決めてくる。それが両チームの差。
 
 ただ、前からプレスを掛けた時にボールを奪えるシーンもあって、それを続けたいとも思った。半面、良くないボールの失い方をした際のカウンターの威力がすごかったので、もう少し我慢してブロックを敷いても良かったかもしれない。3失点目もカウンターから。
 
 特に失点をしてからは『得点を奪いに行く』と前から行くのか、それとも引いて守るのかを統一し切れなかった。自分はゲームの流れを読みながら、行くのか引くのかのメリハリをはっきりさせることが役割。修正できれば良かったのだが、そこに責任を感じている」
 
 いいようにやられてしまったことについて、「勇気が足りなかった」と長谷部は言い、さらに続ける。

「監督からもハーフタイムに言われたが、ボールをもらうことを怖がってしまっていた。もう一回冷静に試合を見返したい」
 
 攻守、そしてゲームコントロールでも浮き足立ってしまった。世界の強豪との差をまざまざと見せつけられた。突き付けられた課題を、ベルギー戦でどこまで修正できるか。長谷部には持ち前のキャプテンシーを生かした舵取りが求められる。

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗