吉田は、前半早々のCKの場面で相手を倒し、痛恨のPK献上。試合後は「本当にアホなことをした」と反省した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本1-3ブラジル/11月10日/リール(フランス)
 
 あまりにあっさりと先制点を献上してしまった。
 
 試合開始から8分。CKの場面で吉田麻也は、マークについていた相手を倒してしまう。一度は流されたものの、プレーが切れた後のVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による確認で、ファウルの判定に。早々とブラジルにPKを与えてしまったのだ。これをネイマールに決められた。

 吉田は試合後、「こういう大事な試合で……。最初からインテンシティをすごく高くいこうとしていたのに、ゲームを台無しにしてしまうようなミスだった。本当にアホなことをしてしまった」と、自身のプレーを悔やみ、「ブロックされたんですよね、フェルナンジーニョに。それを剥がそうと、必要以上に振りほどいてしまった」と振り返った。
 
 吉田にとって、VARが導入された試合は初めての経験だ。「ビデオ判定が初めてだったので、すごく教訓になった。こういう接触でPKを取られるんだなと」実感したCBは、「本番前にトライできて良かったと捉えることもできるし、もちろんさっき言ったように本当に愚かなことをしてしまったとも判断できる。いずれにしても次につなげていければいい」と、あくまで前を向いた。
 
 ブラジルとの力の差だけでなく、吉田にとっては、ビデオ判定への適応という新たな課題が生まれた試合となったようだ。

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗