試合後に手を叩くバヒド・ハリルホジッチ監督

写真拡大

[11.10 国際親善試合 日本1-3ブラジル リール]

 立て続けに3失点を喫した前半の内容には不満を隠さなかったが、後半の試合内容には納得していた。試合前からブラジルを「現段階で世界で一番強いチーム」と評してきた日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は「そのチームに対してこのような後半ができたことはある程度は満足いくものだし、希望も持つことができる」と述べた。

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるPK判定から前半10分に先制点を許し、その後も連続失点。「選手たちのメンタルの面に満足はしていない。少し未熟なところも出たかもしれない」と指摘する一方、「前半と後半は分けて考えている。ボールポゼッションあるいはパス回しのところで、(後半は)同等、もしくはそれ以上の戦いができたと思っている」と強調した。

 前半だけで0-3。後半のブラジルは次々と選手交代を行い、前半とは打って変わってプレーも流し気味だった。それでも指揮官は「(後半の)ブラジルが世界一のプレーを見せなかったのは、日本がプレーしたからという部分もある。選手たちのパフォーマンスもしっかり評価してあげないといけない」と指摘。日本のプレーが改善されたことも、その要因だと語った。

 この試合で史上7人目の100キャップを達成したDF長友佑都をゲームキャプテンに指名。「試合後に100戦目を称えた。私にとってもこの100試合は誇りであるということを話した」というハリルホジッチ監督は「最後に『今日の試合は佑都がキャプテンだったから負けた。私のせいではない』ということを言った」というジョークも口をついた。

「後半のみを見れば1-0で勝っているし、2点目、3点目が決まっていてもおかしくなかった。前半、残念な部分があり、後半、満足いく部分があった試合だった」。そう総括すると、「後半(の内容)で過信するわけではないが、前半が0-0で終わっていたら、この試合で偉業を成し遂げることもできたかもしれない」と、金星への手応えも感じていたようだった。

(取材・文 西山紘平)


●2018W杯ロシア大会特集ページ