「裏カウンター」がある楽しい鮨の新店!

恵比寿で鮨といえば『松栄』と名を挙げる人も多い人気店。その新店が東口から徒歩0秒の場所にオープン!

しかも、この新店には、表カウンターの真裏にもう1つ「裏カウンター」が存在するのだ。

また、自分好みのオーダーにこたえてくれるのもこの店の魅力のひとつ。そんな名店の新店『松栄 恵比寿東口店』を紹介しよう。



こちらが店の正面のメインのカウンター。暖簾をくぐってすぐに新鮮な魚介が並ぶネタケースが食欲を刺激してくれる
駅から徒歩0分で辿り付く。恵比寿の鮨の名店の新店はここ!

2017年9月オープンの新店『松栄 恵比寿東口店』は、路面店である恵比寿本店とは異なり、駅からすぐの立地ながらもビルの地下1階にあり、知る人ぞ知る空間といった佇まいが食通心をくすぐってくれる。

また、こちらの店には7名以上で貸し切り可能な裏カウンターがあるのがポイント!

店内には3〜16名で利用できる個室や、テーブル席もあるが、ここに来るならぜひ「裏カウンター」でと予約してほしい。ちょっと凝った演出をしたい接待や会食などにはぴったりなサプライズだ!



「毛ガニ」。活きた毛ガニを仕入れ、蒸し、一度身を全てほぐしてから再度甲羅に詰めて提供。接待利用も多い『松栄』。こうした心配りのある一品が嬉しい ※手前の皿が1人前
夜のコースは、おつまみからスタート

夜のコースは、先付け、お造り、焼き魚など8品、握り12貫が基本で1人前11,000円〜(税サ別)。それを、お客さんの要望を聞きながら握りを少なめにしたり、おつまみを増やしたり、調整もできるのがうれしい。

この日用意いただいたのは「毛ガニ」と「平目のあん肝のせ」、「蒸しアワビ」の3品。

この他にも、旬の魚の焼き物や「タコ」、「しめ鯖の刺身」、「蛤の酒蒸し」などその時期の旬の食材を使用した料理が揃う。



「平目のあん肝のせ」。軽く昆布締めした平目に、ネギとあん肝をのせポン酢で召し上がれ。この時期美味しさを増していく、平目とあん肝の旨みを存分に楽しめる一皿だ



「蒸しアワビ」。エゾアワビを3時間ほど柔らかくなるまで蒸し、穴子から作った甘辛いソースをかけて。あえて肝はソースにせず、肝ポン酢として提供されるのもいい



出てくる順は「鯛の昆布締め」、「こはだ」、大間産のまぐろを使用した「大トロ」、上に板昆布とネギをすりおろしたものをのせバッテラ風に仕上げた「鯖」、塩とゆずこしょうでいただく「金目鯛の炙り」、「おはぎ」、「うに」、「穴子」
お待ちかねの絶品握り!職人技が冴え渡る旨さ

一品料理とお酒を楽しみ尽くした後は、お待ちかねの握りが登場。この日は夜コースの中から8貫をセレクトして握っていただいた。

趣向が凝らされた握りが並ぶが、中でも、トロと沢庵、白ネギを混ぜ合わせた「おはぎ」は、目で見ても美しく、味わいのバランスも絶品。

この他にも4貫出てくるので、コースだけでも満足できる品数である。


自慢の握りを堪能しよう!



穴子

握りのなかでも注目は「穴子」。築地一の穴子卸し専門店から仕入れるその時期一番いい穴子を使用しており、いつ訪れても最高の穴子に出会うことができるのだ。

この日は九州産の穴子を使用。出された瞬間に頬張れば、ふんわりと柔らかな穴子の食感と同時に、凝縮された旨みが弾けていくのを感じる事ができるだろう。



そんなわがまま注文を象徴するのがこちらの握り。「どうしても中トロが食べたい」というお客さんがいらっしゃった時、職人の技で完成させた赤身と大トロをミルフィーユのように重ねて特別に握った一品。その口当たりと味わいはまさに中トロ!※通常のネタではないため注意
貴方も必ず常連になりたくなる!多様な希望に出来る限り応えてくれる

『松栄 恵比寿東口店』の夜のコースは、ただでさえ魅力的なのは今までの紹介で充分伝わったかと思うが、同店を推す訳はコースがお得だからだけではない。

こちらのコースに出てくる握りは、可能な限りお客さんの要望を聞き入れてくれるというのだ。例えば今回うには軍艦で提供いただいたが「軍艦じゃなく握り、塩でお願いします」など、その場のオーダーにもできる限り応えてくれる。



(写真奥)「鉄砲巻」(500円)(写真手前)この日はしめ鯖を使用した「光りものの巻物」(1,000円〜)
粋な巻物で〆れば完全に『松栄』の虜

コースだけでも充分満足できるが、もしも物足りなさを感じたならば、ぜひ巻物を追加オーダーして欲しい。かんぴょうに刻んだわさびを合わせたものや、しめ鯖にガリと、大葉を合わせたものなどひと捻り加えた品が揃い、〆で頼んだはずなのにお酒もうっかり進んでしまうほど。

ちょっと気合いがいる「鮨」。それをこんなにも気軽に、自分好みにアレンジしながら味わえる『松栄 恵比寿東口店』は、オープン直後の今がイキドキだ!