【15製品比較】もはや敵なし! 無印良品の調理スプーンが最強な理由

写真拡大 (全14枚)

お玉やヘラ、スパチュラなど調理器具を何本も揃えるわずらわしさを解消する、1本3役の調理スプーン。今回はそんな調理スプーン15製品を徹底比較し、ナンバーワンを決定しました!


調理スプーン徹底比較!
やっぱり超定番は強かった


調理のとき、いちいちいろんな道具を使い分けるのはとても面倒。例えばチャーハンをつくるときは、菜箸で生卵をかき混ぜ、炒めるときはお玉やヘラを使い、スプーンで盛り付けて……などなど、とにかくたくさんの道具が必要になります。しかも、洗いものも増えて大変ですよね。

そんなとき超便利なのが、1本で混ぜる、すくう、盛り付けるができちゃう調理スプーン。そこで今回は、そんな調理スプーン15製品を徹底比較。ナンバーワンとなったのは、調理スプーンの先駆者的存在のあの一本でした。それでは、最強スプーンをご覧あれ!


【A評価】絶妙なしなり具合
サイズ・素材も優秀だった無印


調理スプーンの先駆者といえば、無印良品。テストする女性誌「LDK」でもベストバイ常連の一本です。スプーン型の芯材が内蔵されているためシリコンがしなりすぎず、すくう、混ぜるなど幅広い調理がストレスなくこなすことができます。



無印良品
シリコーン調理スプーン
購入価格:850円

使いやすさ ★★★★★
お手入れ ★★★★★


では、不動のナンバーワンとなった理由を詳しく見ていきましょう。


チャーハンからパスタソースまで
何でもこなす優秀ぶり


シリコンが反り返ることなく、鍋肌にピタッとフィット。また柄の部分は緩やかなカーブがついているため、ソースなどもこぼすことなく、しっかりすくうことができます。



チャーハンやペンネもこれ一本で! 手元がブレず、すくうのはもちろん、具材を底からしっかり混ぜ合わせることも難なくできます。チャーハンの卵もしっかり混ぜられます。



盛り付けもしやすくて、一発できまります。



スプーンに食材がくっついてしまうこともありません。


表面がザラっとしていて
洗ったときに汚れ落ちがいい


無印のスプーンは、表面がザラザラに加工されているため、食べ物や油汚れがこびりつきにくくなっています。洗えばすっきり落ちちゃいます。しかも黒色で、変色が気にならないのもうれしいポイントです。



つるんとした表面だと、ヌルヌルがなかなか落ちません。無印は、何度も洗い直さなくていいのがうれしい!


やや短めの柄で
引き出し収納もできる


無印の調理スプーンは、柄の長さが約26cm。一般的なお玉よりも4〜5cm短い寸法で、引き出しの中に収納してもジャマになりません。もちろん、箸立てに収納することもできます。



引き出しの中で飛び出てしまうこともありません。

以上、無印良品の調理スプーンの最強の理由でした!

続きまして、B評価、C評価となった商品のうち、特徴的な3製品をご紹介します。無印良品がベストバイではありますが、調理スプーン選びの参考に、ぜひご覧ください。


【B評価】しなりも硬さもいいけど
汚れやすく劣化が心配なマーナ


調理スプーンと、スパチュラを合体させたカタチのマーナ。無印級の使いやすさをマークしましたが、透明シリコンは着色しやすく、劣化が速いのが難点です。



マーナ
トライアングリップ シリコーン調理スプーン
購入価格:816円

使いやすさ ★★★★★
お手入れ ★★★



トマトソースなど、素材の色がつきやすいのが惜しいです!


【C評価】グニャグニャすぎて
すくいにくいワールド・クリエイト


こちらのワールド・クリエイトのものも、マーナと同様スパチュラ寄りのカタチですが、柄が長すぎて使っているうちに手が疲れてしまいます。また、ヘラが柔らかくて浅くため、少量ずつしかすくえません。



ワールド・クリエイト
Vivキッチンシリーズスプーンスパチュラ
購入価格:1296円

使いやすさ ★★
お手入れ ★



ぐにゃっとしていて、スプーンが浅いので、とくにすくう作業は向いていません。


【C評価】分厚く硬い&太い柄で
扱いにくい和平フレイズ


こちらのスプーンは、分厚く硬いシリコンで先端がしならず、鍋肌にフィットしません。柄に傾斜もないため、バランスがとりにくく、すくいやすさもイマイチ。目盛り付きという工夫がされていますが、それよりも角度をつけて欲しかったです!



和平フレイズ
シリコーン計量スパチュラオレンジ
購入価格:982円

使いやすさ ★★
お手入れ ★



鍋肌に沿いにくい硬さなので、炒めづらいです。


【選び方】試してわかった!
ポイントは適度な硬さと柄の傾斜


今回、15製品を比較してわかったのは、調理スプーンはしなるだけではダメ。まず、適度な硬さがあると、手元が安定します。また、柄が傾斜していないと、下から上へとすくう動きがうまくできません。選ぶときはこの2点も要チェックです!



和平フレイズは、柄が真っすぐで取りまわしが悪いです。一方の無印は、なめらかな角度が付いています。

「絶妙なしなり具合」、「適度な硬さ」、「なめらかな傾斜」すべてを満たしている無印良品は、まさに敵なし! といった具合でした。でも、今後の他社の巻き返しも期待したいところです。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。