長谷部誠【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-3 ブラジル 国際親善試合】

 日本代表は現地時間10日、ブラジル代表との国際親善試合に臨み1-3で敗れた。

 後半に入って見せ場を作れるようになったハリルジャパン。長谷部誠は「前からはめていい形は作れたと思う」としつつ、「本気のブラジルにそれをもっともっとチャレンジしたかった」と振り返った。前半で3点差をつけたブラジルは後半、ペースを落としている。

「失点をしてからの前半っていうのが、自分たちからやはり点を取りに行きたいって部分で前から行くのか、もう少ししっかりブロックを作るのかって部分で、少し統一しきれなかったかなっていうのがあった」と長谷部は語り、「個人的には責任を感じている」と反省を口にした。

 それでも後半は善戦し、手応えを得られるポイントもあったはずだ。「次のベルギーがまたありますから、そういう相手にどういうゲームをするのかっていうのはまたひとつ、個人的には楽しみ」と、長谷部は次の試合に目を向けた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部