ブラジルと力の差を感じた遠藤「プレッシャーをかわすのがうまかった」

写真拡大

 日本代表は10日にブラジル代表と対戦し、1−3で敗戦した。後半に途中出場したMF遠藤航が、強豪国の強さを実感している。

「相手はプレッシャーをかわすのがうまかったです。相手の重心を使ってうまく逆を取りに来る。特にFWネイマールとDFマルセロはポジショニングが完璧なので、なかなかプレスをかけられなかったです。FWガブリエル・ジェズスもつねにいいところにいるので、捕まえきれなかった」

「動き出しが僕たちに比べて段違いに早かったです。陣形をコンパクトに保って、11人でちょっとづづ前に進んで行こうっていうのがとてもうまかったように感じます。前の3人はビルドアップの時にあえてスペースを空けていたんだと思います」

 大きな差を感じた遠藤は、14日に控えるベルギー戦を楽しみにしているという。

「ベルギー戦もシンプルに楽しみです。チャンスをもらえるかどうかはわかりませんが、出場できたら自分の良さを出したい。見て学ぶものもありますが、ピッチに立たないと感じ取れないこともあると思います。体格は僕たちと全然違いますが、怖がらずに当たっていきたいですね」