酒井宏樹【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-3 ブラジル 国際親善試合】

 日本代表は現地時間10日、ブラジル代表との国際親善試合に臨み1-3で敗れた。

「前半はゼロに抑えて、後半何か起こるかもしれないっていう風に繋げたかった」

 試合後、酒井宏樹はこのように述べた。しかしプランは早々に崩れ、前半終了時点でスコアは0-3となっていた。

 ブラジルが相手とあって「より慎重になっていた部分はある」。開始早々の失点が「きつかった」と言うが、「勇気がなかったかというと、それは違うと思います。相手をリスペクトして入るのは必要なこと」とも語っている。

 無失点の時間を長くできればブラジルも焦ってくるかもしれない。そうすれば隙が生まれて日本にもチャンスが訪れる――。世界最高クラスのチームとの実力差を考えた時、慎重に試合に入るのは当然の選択だろう。

 また、酒井宏は対峙したネイマールとバトルを繰り広げた。一対一の状況になっても臆することなく立ち向かった。それでも「マルセロとか、ジェズスとかが絡んでくるともう止められなかった」と振り返り、「もっともっと密にコミュニケーション取るしかないですし、個で負けている部分を連係でカバーしないといけない」と続けた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部