前半だけで3失点……。強豪ブラジル相手に、日本は文字通り完敗を喫した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[親善試合]日本1-3ブラジル/11月10日/リール(フランス)

 この試合を総括するにあたり、一番悔やまれるのが開始10分にブラジルにPKを与えてしまったことだ。

 その結果、日本は試合序盤から大きなダメージを被った。滅多にないブラジルとの腕試しとあってイーブンな状況でしっかり戦ってほしかったが、失点を重ねるたびに日本の選手は疲労度が濃くなり、ブラジルに好き放題にやらせてしまった。

 実力の差と言えばそれまでかもしれない。でも、しぶとく耐えて前半をスコアレスで折り返せていたなら、もっと“本気のブラジル”とマッチアップできた可能性もある。

 3点もリードしていれば、どのチームだって若干は気が抜けるものだ。だから、後半に日本がある程度戦えていたとしても正当な評価を下し難い。来年のワールドカップまで限られた強化試合のひとつ、しかも、強豪国との対戦だったから、本当に惜しまれるばかりだ。

 内容については完敗と言うしかない。個々の技術、試合運びの上手さを見ても、はるかにレベルが高かったのは誰の目から見ても明らかだった。前半に関しては、吉田のFKがポストを叩いた場面以外、チャンスらしい形はなかった。俗に言う「サッカーをさせてもらえなかった」といったところだろう。

 ただ、後半に持ち直したところはポジティブに捉えてもいい。3点リードしたブラジルの士気が落ちたところも差し引くべきだが、前線から積極的にプレスを仕掛けて、そこからセカンドディフェンス、サードディフェンスがハマったあたりは、次のベルギー戦にも生かせそうだ。

 一方の攻撃では、前線の右サイドに浅野が入ってからは、いくらかリズムが出ていた。それは、隙あらば縦に仕掛けて、シュートも放った浅野の積極性があったからに他ならない。局面を打開するにはこうしたプレーが不可欠だというのを、身を持って体現してくれたと思う。
 攻撃に関しては、サイドから効果的な崩しを見せたところにも触れたい。

 終盤、酒井宏が森岡とのワンツーから右サイドを突破し、フリーの浅野へクロスを供給したシーンがあったけれど、一連の流れは素晴らしかった。あれはまさに、前半からブラジルに何度もやられていたプレー。それをようやく見せてくれた。

 敵の背後を突く動きが足りないのは、日本の悪癖のひとつだ。しかしこの場面に関しては、酒井宏が巧みに背後を突いた。肝心なのはこれを繰り返すこと。そうすれば敵DFが脅威を抱く。

 もちろん“形”を見せるだけで終わって良いはずはない。あそこまで完璧な崩しができたのに、浅野がシュートを打ち切れなかったのはなにより悔やまれる。裏へ飛び出す意識を持つだけでなく、しっかり仕留めることも忘れないでほしい。

 次のベルギー戦では、ブラジル戦で得た教訓をいかに生かせるかがポイントになる。ハリルホジッチ監督が強調する“デュエル”と連動性のある守備をベースに、悔いを残さずに戦ってほしい。

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗