日本のプランを狂わせたブラジルのサイドバック…大迫勇也「技術がすごい」

写真拡大

 日本代表は10日、国際親善試合でブラジル代表と対戦し、1−3で敗れた。

「難しかった」と試合を振り返ったFW大迫勇也(ケルン)は相手のサイドバックに手を焼いていたことを明かした。

「僕らの狙いはサイドに出させて追い込むというものだったが、サイドバックの技術にすごいものがあった。そこではがされて、後手後手になったというのがある。後半は僕らが前に行ったけど、そこでサイドバックにマルセロ(レアル・マドリード)が出ていたらどうなっていたのかな、というのはあります。サイドバックにつなげる選手がいたら、また後手後手になっていたかもしれない」

 また、攻撃面については「(ブラジルは)組織があって、個が強い。崩すのは難しかった」と振り返った。