吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-3 ブラジル 国際親善試合】

 日本代表は現地時間10日、ブラジル代表との国際親善試合に臨み1-3で敗れた。

 吉田麻也は試合後、「ゲームを台無しにしてしまうようなミスだった」と振り返った。前半早々、ブラジルのCKの際に吉田はPA内で相手と交錯。数分後、ビデオ・アシスタント・レフェリーで吉田のファウルとされ、ブラジルにPKが与えられた。

 ここで失点したことで、試合の流れが決まってしまった。吉田は「フェルナンジーニョにブロックされて、それをはがそうとしたらちょっと必要以上に振りほどいてしまった。前半の立ち上がりは失点しないでしのごうというのがプランだったので、本当にアホなこと、もったいないことをしてしまったなと思います」と、悔しさを滲ませた。

 それでも、「これを1回体験できたというのは、僕にとっての今日の収穫じゃないかなと思う」と前向きに話していた。

 ブラジルには力の差を見せられたが、後半は奮闘した。吉田は「もっと全然やれるんじゃないか」と手応えを感じつつこう語る。

「勘違いしてはいけないのは、相手も抜いたんだってのは理解しとかなきゃいけない。過信することなく、しっかり自信を持って次のベルギー戦に挑まなければいけない」

 VARをはじめブラジル戦で得た教訓を活かし、次戦に向かいたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部