キャプテン長友、後半のプレスに手応え「ブラジル相手にもやれる」

写真拡大

 10日、日本代表は国際親善試合でブラジル代表と対戦し、1−3で敗れた。

 100キャップ目となるメモリアルゲームでキャプテンを務めたDF長友佑都(インテル)は試合後、「自信になる」と敗戦をポジティブに捉えているようだ。

 日本は前半にPKなどで3失点を喫し、流れを掴むことはできなかった。ただ、後半は失点をゼロに抑え、セットプレーから1点をもぎ取った。長友は「チーム全体で恐れずに前から守備に行けたことが要因」とポイントを語った。

「あのブラジルも苦労するところが見えた。迫力あるプレスができて、あのブラジルをバタバタさせることができたのは自信になる。後半のサッカーで、特に若い選手を中心に『ブラジル相手にもやれるんだ』とみんなが自信を持てたと思う。これを90分続けていくことが僕たちの課題」

 キャプテンとしてプレーしたことについては「監督から『100試合だから佑都に任せる』と伝えられていた。ただ、代表のキャプテンは長谷部さんだけだし、キャプテンマークを巻いても巻かなくても一緒のこと。チームに貢献することだけを考えた」と振り返った。