「勇気を持って戦わなければ」…川島、W杯見据えた改善点を語る

写真拡大

 日本代表は10日にブラジル代表と対戦し、1−3で敗戦した。試合後、GK川島永嗣が14日のベルギー戦に向けて改善点を口にした。

「これからワールドカップ本大会を戦う上で、今日のような厳しい試合があることは間違いないです。こういう試合には、もっと勇気を持って戦わなくてはいけない。前半は特に満足いく内容ではなかったので、改善が必要だと思います」

「いろんな場面で冷静に立ち回れなかったので、ボールを簡単に失ってしまいました。技術とかの部分よりも、勇気を持って相手にぶつかっていくことが大事だと考えています」

 先制点を与えないことを重要視していたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー制度によってブラジル代表FWネイマールにPKを決められてしまった。

「1点目が一番大事だと思っていましたし、チーム全員で先制点を与えないようにしようと話していました。ビデオ判定でPKを取られてしまったので、そこを判断するのは難しいと思います…。それでも、ああいう失点をしないように努めたいですね」

 2本目のPKを止めた場面についてもコメントしている。「1本目で早く動き過ぎちゃったので、2本目はギリギリまで我慢しようと思いました」