ブラジルの個人技に翻ろうされた印象もあるハリルジャパン。4-3-3システムが機能したとは言い難い。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本1-3ブラジル/11月10日/リール(フランス)

【欧州遠征PHOTO】日本対ブラジル戦に駆けつけた、熱いサポーターたちを激写!

 
 大きな差を見せつけられた印象だ。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がなければと悔やむ声もあるだろうが、1-3というスコア以上に個々のテクニック、選手間の連係でブラジルに到底かなわなかった。
 
 日本は現時点でのベストに近いメンバーでブラジル戦に臨んだ。ヴァイッド・ハリルホジッチ政権下でロシア・ワールドカップのアジア予選を戦い、そこで積み上げてきたものを確認できる貴重な機会だったが、文字通りの完敗……。
 
 前半だけで0-3とされた時点で勝負はほぼ決しており、後半のブラジル代表はどこか流しているようにも見えた。後半だけなら1-0で日本の勝利と捉えるのはあまりにもナンセンスで、むしろ4-3-3システムの限界を露呈したゲームだったのではないか。
 
 前半はとりわけ中盤(トップ下の井手口、2ボランチの長谷部と山口)のプレッシャーが甘く、いや、ブラジルのかわし方が抜群に上手く、日本のプレッシングはあまり機能していなかった。ブラジルのカウンターに守備網を切り裂かれ、頼みの綱の長谷部もこの試合に関しては及第点に届くほどの存在感を示せなかった。
 
 中盤が機能しなければ最終ラインが崩されるのは当然。ブラジルのような相手に90分間、質の高いプレスをかけるのは至難の業で、となると、「MF3枚」で世界と戦うのは厳しいということになる。ハリルホジッチ監督はここまで4-3-3システムにこだわってきたが、そのシステムを見直すべき分岐点に差し掛かっているのではないか。

文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)