長谷部誠、「もったいない試合をした」

写真拡大

王国ブラジル代表にまたしても完敗を喫した日本代表。

試合の滑り出しは悪くなかったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でのPK献上からリズムを崩すと、その後は相手に余裕をもって戦われてしまった。

試合後、テレビ中継のインタビューを受けた主将の長谷部誠は、「早い時間帯の失点はゲームプランが崩れる」と語り、ベルギー戦での修正を誓った。

長谷部誠

「差は非常に感じましたし、ゲーム自体、前半の早い時間帯に失点して、相手も多少抜いた部分もあると思うので、(本気の相手と戦えなくなり?)もったいないゲームだった。

(収穫は?)
今日のゲームで評価するのは難しい。前半の途中や後半もそうだが、守備がハマった時は手応えあった。ただ、ブラジルはまだまだこんなものじゃない。次のベルギー戦に向けてもう一回しっかりやっていきたい。

(ベルギー戦の抱負を)
今日みたいに早い時間帯に失点するとゲームプランが崩れてしまうし、強豪相手には先制点を与えないのが大事。その部分は修正していきたい」