レーティング:日本 1-3 ブラジル《国際親善試合》

写真拡大 (全3枚)

▽日本代表は10日、ブラジル代表とフランスのリールで国際親善試合を戦い、1-3で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽日本採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 川島永嗣 5.5

3失点も2本目のPKをストップ

DF

19 酒井宏樹 5.5

マッチアップした際にはネイマールにやられることはなかった

22 吉田麻也 5.0

バー直撃のFKも、軽率なPK献上で試合を苦しくした

20 槙野智章 6.0

ほぼノーミスでプレーし、一矢報いるヘディングでのゴールを決めた

5 長友佑都 5.5

ウィリアンに仕事をさせず。後半は攻撃の回数も増やした

MF

16 山口蛍 5.0

2本目のPKを献上。フェルナンジーニョとのマッチアップで劣勢に

17 長谷部誠 5.0

カウンターに対処しきれず

(→森岡亮太 5.0)

多少ボールに触ったが、アクセントを付けるには至らず

2 井手口陽介 6.0

攻守によく絡み、1アシスト

(→遠藤航 -)

FW

11 久保裕也 5.0

守備によく戻っていたが、攻撃を仕掛けきれず

(→浅野拓磨 5.5)

後半から入り、攻撃を活性化

15 大迫勇也 5.0

献身的な守備を見せるも前線で孤立

(→杉本健勇 -)

8 原口元気 5.0

攻撃面で違いを生めず

(→乾貴士 5.0)

持ち前のドリブル突破は見られず

監督

ハリルホジッチ 5.0

立ち上がりのPK献上でプラン崩壊。前がかったところをカウンターでやられた

▽ブラジル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 アリソン 5.5

吉田のFKにひやりとしたものの守備機会なし

(→カッシオ 5.5)

失点は防げないものだった

DF

22 ダニーロ 6.0

守備を重点にプレーしつつ3点目をアシスト

14 チアゴ・シウバ 6.0

カバーリングと守備の統率に集中

4 ジェメルソン 5.0

大迫を徹底マークも、槙野に競り負けて失点に関与

12 マルセロ 6.5

右足で追加点。攻撃センスを随所に見せた

(→アレックス・サンドロ 5.5)

終了間際の決定機を逸した

MF

18 ジュリアーノ 6.0

パウリーニョの代役。カウンター時の推進力を見せた

5 カゼミロ 6.0

バイタルエリアを使わせず。リスク管理も徹底されていた

17 フェルナンジーニョ 6.0

1本目のPKを獲得。攻守に存在感

FW

19 ウィリアン 5.0

長友を突破できずさほど目立たなかった

(→タイソン 5.5)

何度か右サイドで仕掛ける

9 ガブリエウ・ジェズス 6.5

2本目のPKを獲得し、3点目を決める。さすがの決定力

(→ジエゴ・ソウザ 5.0)

前線で起点となれず

10 ネイマール 6.5

PKを1本成功し、1本失敗。それでも3点目の起点となるなど攻撃をけん引

(→ドグラス・コスタ 5.5)

スピードを活かして左サイドからチャンスメイク

監督

チッチ 6.5

十八番のカウンターで日本に快勝

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

ネイマール(ブラジル)

▽PKを1本失敗し、対面の酒井宏には苦戦していたが、攻撃をけん引していたことに疑いの余地はない。

日本 1-3 ブラジル

【日本】

槙野智章(後18)

【ブラジル】

ネイマール(前10[PK])

マルセロ(前17)

ガブリエウ・ジェズス(前36)