ハリルJ、槙野のゴールで一矢報いるも前半に衝撃3失点 1-3完敗でブラジル戦5連敗

写真拡大

なす術なかった前半45分間、VARで先制点を献上しリズム崩す

 日本代表は現地時間10日、フランスのリールでブラジル代表との国際親善試合に臨み、前半にPKを含む3失点。

 後半にDF槙野智章がCKからヘディングシュートを叩きこみ1点を返したものの、1-3で敗れた。

 立ち上がりから日本は果敢なプレスに出ると、ブラジルも真っ向から受けてたち激しい試合の入りになった。そうしたなかで前半7分に、日本は左CKのピンチをクリアしたが、DF吉田麻也がMFフェルナンジーニョをつかんで倒してしまっていた。その後、ビデオ・アシスタントレフェリー制度により映像検証が行われ、ブラジルへのPKと吉田へのイエローカードと判定。これをFWネイマールがGK川島永嗣の逆を取る冷静なキックでゴール右に流し込み、同10分にブラジルが先制した。

 さらにブラジルは同16分、日本が敵陣深くまで攻め込んだ攻撃からのカウンターで一気にゴール前へ進出すると、ゴール前でトラップしたFWガブリエル・ジェズスにMF山口蛍が遅れてチャージして倒してしまい、再びPKの判定。しかし、1本目と同様に助走で駆け引きして今度はゴール左を狙ったネイマールのキックを川島が弾き出し、事なきを得た。

 ところが、そのPKでブラジルが得たCKでMF井手口陽介がピッチに足を滑らせて中途半端なクリアをしてしまうと、ペナルティーエリア外に転がったボールをDFマルセロが強烈な右足ミドルで叩き込んで、スコアは0-2となった。

 その後はブラジルも少しペースを落とし、日本がボールを持つ時間も増え始めた。すると同30分、DF槙野智章の縦パスを受けたFW原口元気が抜け出そうとしたところでファウルを受け、FKを獲得。ゴール正面左サイド寄りのところから吉田が狙ったシュートは、壁を越えてニアサイド上を強襲したがクロスバーを直撃。惜しくもゴールとはならなかった。

 少し日本ペースの時間が続いた後の同36分、ブラジルはカウンターで左サイドから攻勢に出ると、中央のMFカゼミーロを経由して右サイドへ。そこにDFダニーロがオーバーラップしてゴール前を横切るラストパスを供給すると、走り込んだジェズスが難なく流し込んで3点目を決めた。要所で力強い攻撃を発揮したブラジルに試合巧者ぶりを見せつけられる形で、日本は0-3で前半を終えた。

井手口のCKから槙野がヘディングで決める

 後半のスタートから、バヒド・ハリルホジッチ監督はFW久保裕也に代えてFW浅野拓磨を投入。浅野は右サイドから切り込んでシュートを放つなど、積極的な試合への入りを見せた。その後、ネイマールがDF酒井宏樹の頭に手を出したシーンでVARのチェックが行われてイエローカードが提示されるなど、やや試合は小康状態になった。

 そうしたなかで同18分、日本は井手口の左CKにファーサイドで競り勝った槙野が頭で押し込み、反撃の1点をゲット。ビハインドを2点に縮めた。ハリル監督は同26分にFW乾貴士とMF森岡亮太を投入し、さらなる反撃をチームに促した。

 その交代を合図にするように、それ以前よりもさらに果敢なプレスに打って出た日本だったが、ブラジルのボールキープ力の前に敵陣でボールを奪って攻め込むには至らず。同42分には乾のFKから途中出場のFW杉本健勇が鮮やかなヘディングシュートを決めたかに見えたが、オフサイドの判定でノーゴール。試合はそのまま1-3でタイムアップとなった。

 前半のうちに勝負を決めて後半は流すという、ブラジルにしてみれば本大会で日本のような第4ポットの相手と対戦した際のシミュレーションとして上々の結果を、ハリルジャパンは出されてしまった。これで日本はブラジル戦5連敗で12戦未勝利(2分10敗)。王国ブラジルからセットプレーとはいえ1点を奪ったことを前向きに捉え、14日のベルギー戦へ向かっていくことになった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images