酒井宏と競り合ったネイマールのラフプレーに警告が提示された。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本×ブラジル/11月10日/リール(フランス)

 日本対ブラジルの親善試合で、VAR判定が”大活躍”だ。

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗

 
 開始10分にVAR判定でブラジルにPKが与えられたこの試合。55分に、またもVARで時間が止まった。今度は競り合いの際に、ネイマールが酒井宏樹に乱暴行為を働いたとして警告が提示されたのだ。
 
 直後には会場から微妙なブーイングの声が。ラフプレーをしたネイマールへの抗議か、それとも試合の流れを切るVARへの批判なのかーー。
 
 いずれのVAR判定も妥当ではあったが、頻繁に試合が止まるのはサッカーの趣を損ないかねない。このゲームをひとつのサンプルとして、今後も議論が展開されそうだ。