中国中央テレビと国際サッカー連盟はこのほど、2018−2022年新ラウンド独占放映権に関する契約調印式を開催した。写真は中国のサッカー少年。

写真拡大

中国中央テレビ(CCTV)と国際サッカー連盟(FIFA)はこのほど、2018−2022年新ラウンド独占放映権に関する契約調印式を開催した。契約期間中、CCTVはFIFAワールドカップ(W杯)2018年ロシア大会や2022年カタール大会などの大型国際サッカー大会の放映権を有することとなり、中国のサポーターは各試合を無料で視聴することができる。北京日報が伝えた。

協議合意によると、CCTVは2018年から2022年まで、FIFAが主催する17の大会の中国における独占放映権を有する。17の大会には、2018年W杯、2022年W杯、2019年女子ワールドカップなどの大型国際大会や、中国代表が出場する2018年U20女子ワールドカップ、2021年コンフェデレーションズカップなども含まれる。中国の多くのサポーターはCCTVでこれらの試合を無料で視聴できる。CCTVはすでに、2018年W杯中継放送に関する業務に着手したという。

契約調印式に出席したFIFAのファトマ・サムラ事務局長によると、FIFAは「FIFA2.0:未来へのビジョン」において、2026年までに世界の全人口の60%以上をサッカーに参与させるという目標を打ち出した。この目標を達成するための鍵を握るのは、十数億人の人口を擁する中国だ。このため、FIFAは中国にフォーカスし、この目標に向かって進む過程で、試合中継とメディアは絶対に欠かすことができない基本的要素であることから、FIFAとCCTVの協力パートナーシップは極めて重要な作用を発揮しているという。(提供/人民網日本語版・編集/KM)