長友佑都、日本代表通算100試合出場を達成! 史上7人目の快挙

写真拡大

 日本代表DF長友佑都が10日のブラジル代表戦で、代表通算100試合出場を達成した。

 2008年5月、コートジボワール代表戦で初出場を果たすと、以降は左サイドバックのレギュラーとして代表に定着。2010年、14年と2度のFIFAワールドカップを経験した。代表通算100試合出場は遠藤保仁、井原正巳、川口能活、岡崎慎司、中澤佑二、長谷部誠に次いで、史上7人目の快挙となる。