人は美しい背中のカーブに惹きつけられるように出来ているらしい。

ポルトガル・ミーニョ大学の研究者たちがコンピュータ3Dモデリングと視線計測装置を使って調査した結果、女性の姿勢のわずかな違いによって魅力度が大きく変わることが分かった。

姿勢をわずかに変えて調査

ミーニョ大学の研究者は、コンピュータで女性の上半身の3D画像を生成。6体の画像はほとんど同じ姿勢だが、背中のカーブを少しだけ変え、いわゆる背筋が伸びたものからそうでないものまで6段階を用意したとのこと。

これらを、同大学の学生男女合わせて82人に見せ、視線計測器(アイトラッキング)で視線の行き先を調べるとともに、アンケート調査を行なった。

カーブした背中が魅力的

このアンケート調査では、男女合わせて82名全員がカーブした背中に魅力を感じていることが分かった。

「カーブの度合いが増すほど、魅力の度合いも増していた」と、研究リーダーであるFarid Pazoohi教授はニュースリリースで述べている。

これは男性だけでなく、女性へのアンケートでも同じ結果になっている。つまり、肩を丸めた姿勢でなく、わずかに背中が反ったいわゆる背筋の伸びた姿勢を、男女ともに「最も魅力的」と評価したことになる。

視線がそこに向く

視線計測では、男女共に3Dモデルの後ろ姿や、背中から臀部にかけての部分に長時間視線を向けることが分かった。

男性は特に臀部に視線を集中させ、女性は腰の辺りに視線をさまよわせる傾向があったとのことだ。

背中のカーブは求愛のサイン?

ネズミやモルモット、羊、猫、フェレット、猿など多くの動物の雌が、繁殖期になると姿勢をわずかに変えて、求愛のサインを出すことが分かっている。

Pazoohi教授によれば、「人の背中のカーブもその1つではないか」とのこと。

「男女ともに腰や臀部に視線が行くこと、そして魅力の度合いが高まることを考えると、背中のカーブは、自然の摂理による求愛サインの1つといえるのではないでしょうか」

また、個人的意見として教授はこんなことも言っている。

「そう考えると、女性がなぜハイヒールを履くのかということ、ハイヒールを履いた女性に男性がなぜ惹かれるのかということにも説明がつきます」

この研究結果は、10月25日、学術誌『Springer』に発表された。