VAR判定でPKを献上。ネイマールに先制点を奪われた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本×ブラジル/11月10日/リール(フランス)
 
 日本対ブラジルの親善試合が10日、リールのスタッド・ピエール・モーロワで現地時間13時(日本時間21時)にキックオフされた。
 
 衝撃の判定が起きたのは、開始直後の8分。日本はCKのピンチをしのいでスローインとなった場面だ。プレーが切れるとレフェリーが試合を止め、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)を確認。約1分の判定の後にPKと判定された。CKの際に吉田麻也が相手を引っ張ったとしてイエローカードを受けたのだ。
 
 このPKをネイマールが決めてブラジルが先制。衝撃の判定によるPKで日本は1点のビハインドを背負った。

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗