@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ヴァンテージ パテント画像がリーク

11月21日の公開を待つ、アストン マーティン・ヴァンテージの意匠登録用の出願画像がリークした。

DB10よりもさらに力強いグリルを併せもつ、シンプルなフロントエンドが特徴。大きなリアディフューザーやダイナミックなライン、筋肉質なリアフェンダーも印象を強くしている。

アストン マーティンがヴェールをかぶった状態で発表しているティザー画像と見比べても、デザインは完全に一致している。

ヴァンテージはDB11のアルミ・アーキテクチャを短くしたものを採用する可能性が極めて高く、より軽く、よりねじり剛性の高いモデルになることが期待される。

まずは4.0ℓV8からか 価格はやや値上げ?

エントリー・グレードは4.0ℓV8ツインターボを搭載するだろう。これはAMG製。500ps前後を発揮。ソフトウェアはアストン マーティンが担当する。

トランスミッションは、どんなものを組みあわせるかは定かではないが、6速マニュアルとデュアルクラッチATのいずれかを選べるのではないかと予想する。

これに続いてV12もくわわるだろう。5.2ℓツインターボ・エンジンは、DB11(V12)で見られるものを基本とするに違いない。

V8→V12という順でデビューすることは、アストン マーティンを率いるアンディ・パーマーがすでに認めている。さらにハードコアなモデルの投入も計画に含まれているということだ。

価格は£94,995(1418万円)から設定される現行V8ヴァンテージよりわずかに高くなるのではないだろうか。

ヴァンテージのみならず、SUVの「DBX」、そして「ラゴンダ」、さらには電力を利用する「ラピードE」も投入されることがすでに明らかになっている。

AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『新型アストン マーティン』すべての画像を見る」から、これまでに入手した全画像をお楽しみいただける。