女優・大谷直子が余命3カ月からの生還を語る 抗がん剤に耐え仕事復帰

ざっくり言うと

  • 大谷直子が2007年に悪性リンパ腫のため入院していたと明かした
  • ステージ4で余命3カ月と宣告され、3種類の抗がん剤治療を続けた
  • 自宅療養が可能な状態にまで回復し、女優業にも復帰した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング