「スペシャルメニュー」。(すき家の発表資料より)

写真拡大

■Amazon Alexaで、すき家のお弁当予約が可能に

 すき家は11月15日から、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)」に対応した「すき家のお弁当予約」を開始する。

【こちらも】アマゾン、スマートスピーカー「Echo」を国内で発売 対応スキルは250以上

 音声操作によって常にハンズフリーでの利用に対応したスピーカー、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」に話しかけて個数と日時を伝えるだけで、弁当の予約ができるようになる。

 注文方法は、Echoに「アレクサ、すき家の牛丼を開いて」、または「すき家の牛丼を開いて、前回の注文をして」と話しかけるだけ。その後、個数と日時を伝え、指定した日時に登録した店舗へ行けば、待たずに弁当を受け取ることが可能だ。当初の対応メニューは、牛丼の並盛にたまごととろ〜りコクぷりんがセットになった「スペシャルメニュー」(税込500円)のみ。

■Amazon Alexa

 Amazon Echoを支える頭脳「Alexa」は、クラウドに構築されており常に進化を続けていく。Alexaに話しかければ、音楽の再生やアラームのセット、プロ野球の試合結果確認などといった、様々な要求に即応してくれる。さらに、話せば話すほど語彙を増やして好みや話し方を学ぶ。

 Echoの遠隔音声技術で、部屋の中であれば場所を選ぶことなく、これら全てをコントロールすることが可能。日常のあらゆる場面で活躍する。

■Amazon Echo

 Echoは音声で操作することにより、ハンズフリーでの利用を実現するスマートスピーカー。声をかけて各種のニュースや天気などの情報を求めれば、Alexaがすぐに反応する。遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイによって、発する音声を明確に聞き取ってくれる。

 マイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術は、ノイズや反響音はもちろん、音声指示以外の話し声や音楽さえも抑制する。パワフルな全方向スピーカーにはDolbyプロセッシングを採用、室内全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを再現できる。

■すき家のお弁当予約

 2016年6月から開始されたサービス。パソコンやスマートフォンで事前に予約すれば、店舗で待つことなく弁当を受け取れる。弁当1個からでも注文することが可能で、メニューをゆっくり選びたい時や、団体で利用する時などには便利な注文方法だ。

 予約可能な時間は9時から20時、受取が可能な時間は10時から21時で、注文1時間後から1ヶ月後までの日時を指定することができる。支払いは、受け取る店舗の会計方法に準ずる。