画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUS JAPANは10日、最大転送速度2,167Mbpsのトライバンド対応ゲーミングWi-Fiルータ「ROG Rapture GT-AC5300」および、デュアルバンド対応ゲーミングWi-Fiルータ「RT-AC86U」を国内向けに発表した。

11月24日に販売開始し、価格はいずれもオープン。店頭予想価格は「ROG Rapture GT-AC5300」が税込55,000円前後、「RT-AC86U」が税込28,000円前後。

○ROG Rapture GT-AC5300

5GHzで2つ、2.4GHz帯で1つの計3バンドで通信が可能な、11ac準拠のWi-Fiルータ。通信は5GHz帯時で最大2,167Mbpsとなり、4ストリームに対応。本体にはギガビット有線LANポートを8基備え、このうち2基がリンクアグリゲーションに対応。仮想的に1つの論理リンクとみなすことで 最大2Gbpsの通信が行える。

特定ゲームなどの通信を優先して転送したり、通信帯域を確保したりできる「Adaptive QoS」や、オンラインゲーム使用時のパケットの損失、ラグなどを改善するゲーマーズ・プライベート・ネットワーク機能「WTFast」を搭載。接続端末の位置を検出し、機器へ向け集中的に電波を発射するAi Radar機能も備える。

また、トレンドマイクロの技術を採用したセキュリティ機能「AiProtection」も備え、悪質サイトのブロックや脆弱性保護、ペアレンタルコントロールなどが設定可能だ。

無線LAN規格はIEEE802.11ac/n/a/g/bに準拠。プロセッサとしてBroadcom BCM4908(1.8GHz, クアッドコア)、メモリとして256MBのフラッシュメモリと1GBのRAMを内蔵する。搭載アンテナは外付け8本。

LANインターフェースはWAN側×1、LAN側×8。USB 3.0×2も備える。本体サイズはW245×D245×H65mm、重量は1,880g。

○RT-AC86U

RT-AC86Uは、5GHzで1つ、2.4GHzで1つのデュアルバンドに対応したゲーミングWi-Fiルータ。主な機能は「ROG Rapture GT-AC5300」と同等だが、搭載する有線LANポートはWAN側×1、LAN×4となり、搭載USBポートもUSB 3.0 ×1、USB 2.0 ×1となる。搭載アンテナは外付け3本、 内蔵1本。本体サイズはW220×D83.3mm×H160mm、重量は872g。