日本代表、ブラジル戦のスタメン発表! “節目”の長友が主将 王国は予告通りのメンバー

写真拡大

CBには槙野、中盤の一角に井手口、最前線には不動の大迫

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、10日にフランスのリールでブラジル代表と国際親善試合を行うなか、スタメンを発表した。

 最後尾は絶対的守護神の川島永嗣、最終ラインは長友佑都、吉田麻也、槙野智章、酒井宏樹が並ぶ。中盤は、長谷部誠、山口蛍、井手口陽介の3人となり、前線は中央に大迫勇也、左ウイングに原口元気、右ウイングに久保裕也となった。キャプテンは100試合目の出場となる長友が務める。

 一方のブラジルや予告先発通りのメンバーが並んでいる。GKアリソン、DFダニーロ、ジェメルソン、マルセロ、チアゴ、MFカゼミーロ、フェルナンジーニョ、ジュリアーノ、ウィリアン、FWジェズス、ネイマール。

 日本代表のスタメンは以下の通り。

GK
川島永嗣(メス)

DF
長友佑都(インテル)
槙野智章(浦和)
吉田麻也(サウサンプトン)
酒井宏樹(マルセイユ)

MF
長谷部誠(フランクフルト)
山口蛍(C大阪)
井手口陽介(G大阪)

FW
大迫勇也(ケルン)
原口元気(ヘルタ)
久保裕也(ヘント)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images