宇野亞喜良『2ひきのねこ』表紙

写真拡大

宇野亞喜良の絵本『2ひきのねこ』が本日11月9日に刊行された。

【もっと大きな画像を見る】

1934年に愛知・名古屋で生まれたイラストレーターの宇野亞喜良。出版、広告、舞台美術など多方面で活動しているほか、これまでに『紫綬褒章』『旭日小綬章』『第22回読売演劇大賞』選考委員特別賞といった多数の賞を受賞している。

宇野亞喜良の新作としては数十年ぶりとなる同書は、宇野の愛猫ジタンとすなこの実話に基づいた物語。猫のボンボンは、ももちゃんとの幸福な日々が続くと思っていたが、ある日子猫のすなこがやってくるというあらすじだ。

デザインは名久井直子が担当。帯にはイラストレーターのヒグチユウコが「ももちゃん かわいいあのこに気づいてあげて。」と推薦コメントを寄せている。

11月18日には東京・銀座蔦屋書店で宇野亞喜良のトークイベントを実施。また12月14日から原画展が東京・原宿のブロンズ新社 青銅Room Jで行なわれる。