@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

4WS モードは6種 砂漠にも対応

ランボルギーニ最新のSUV、ウルスはアヴェンタドールSの4輪操舵システムと関係性があるシステムを採用することがわかった。

・ストラーダ(一般道)
・スポーツ
・コルサ(サーキット)
・サッビア(砂地)
・テッラ(ドリフト)
・ニーヴ(雪)

上記がこの操舵システムに用意されるモードだ。

そのほかのウルスに関する情報は、以下からご覧いただける。

▶ ランボルギーニ・ウルス、正式発表は12/4 ほかモデルのターボ化は?

▶ ランボルギーニ、とうとう「Urus(ウルス)」商標登録 年内発表 2000万円台後半?

▶ 【動画】ランボルギーニ・ウルス、ニュル走行VTR 公道もピッタリ尾行

▶ ランボルギーニ、「ウルス」発売を前に生産施設を1.4倍へ 音響実験施設も新設

▶ ランボルギーニ・ウルス、塗るなら何色? ウルス専用ペイント工場を新設