葉物野菜はオリーブオイルを先にかけると美味しさアップ

写真拡大

【関連レシピ】豆腐とトマトのカプレーゼ風

家庭でもすっかりお馴染みとなった「オリーブオイル」ですが、少しの工夫を加えるだけで今までとは違う味わいが得られるんです。今回は、10月31日放送の「あさイチ」(NHK総合)で紹介された、オリーブオイルをより使いこなす“活用法”をみていきましょう。

 

■ ポイントはかける順番! オリーブオイルでドレッシングを作るときの一工夫

「NHKネットクラブアンケート」によれば、約半数の人がオリーブオイルをドレッシングとして使用しているとのことで、番組では、オリーブオイルをドレッシングに使うときの“一工夫”を、オリーブオイルの輸入卸業を営む加藤昭広さんが伝授しました。

塩を合わせるだけで簡単にドレッシングに変身するオリーブオイルですが、食材によってかけるタイミングを変えることで美味しさがアップ。トマトやパプリカのような肉厚の野菜は、先に塩を振ってからオリーブオイルをかけることで水分と一緒に旨みが染み出し、サラダ全体に浸透します。一方、レタスなどの葉物野菜はオリーブオイルを先にかけることで、野菜がコーティングされシャキシャキ感を保つことが可能に。

塩、オリーブオイルの順番でドレッシングをかけたカプレーゼを試食したプレゼンターの副島淳は、「今までに味わったことのないカプレーゼ!」「旨みをぎゅっとコーティングして集約されている感じがした」と絶賛していました。

 

■ 組み合わせて美味しいオリーブオイル活用法!

番組後半では、そばやおでんといった少し変わった料理との組み合わせも紹介しています。アイスとオリーブオイルを合わせたものには、MCの井ノ原快彦も「うわぁうめ! すごいねこれ!」と大絶賛。

目を輝かせて、パクパクと食べ進めていました。組み合わせのポイントは、アイスとオリーブオイルを“層”にすること。アイスの間にオリーブオイルを挟むことで、チョコレートのように固くなり口の中でとろけるのだとか。

ネット上でも、「めんつゆとオリーブオイルを混ぜてパスタにして食べてます〜!」「卵かけご飯にオリーブオイルかけると最高にうまい。」「キウイフルーツ×オリーブオイル×コショウ、ありですよ」とオリーブオイルと料理のさまざまな組み合わせが紹介されています。

今や一家に1本レベルで常備されているオリーブオイル。どんな食材と組み合わせられるのか、新たな活用法を模索してみるのも楽しいかもしれませんね。