認知症患者の割合 OECD加盟35カ国の中で日本が最も高いことが判明

ざっくり言うと

  • 日本の認知症患者の割合は、OECD加盟国の中で最も高いことが分かった
  • 日本は世界で最も高齢化が進んでいるためとみられる
  • OECDの担当者は「加齢に関連した病気への対策が喫緊の課題」と指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング