マライア・キャリーさんのインスタグラムより(一部加工)

写真拡大

今夏に「激太り」「体重120キロ」と報じられた米歌手のマライア・キャリーさん(47)。米メディアが配信した写真は、本当にマライアさん本人かと疑いたくなるほど巨漢の女性が写っていた。

衝撃の報道から約3か月。今度はダイエットが成功したのか、大分スリムになったマライアさんの近況が世間を騒がせている。

減量手術は米国で年間21万件以上

米ロサンゼルスにあるチャイニーズ・シアター。ハリウッドスターや有名歌手の手形・足形が数多く置かれ、日本人にもよく知られた観光スポットだ。2017年11月1日、マライアさんはこの場所に現れ、自身の手形と足形を残すイベントに出席した。

「今日、チャイニーズ・シアターに来て私をお祝いしてくださったすべての皆さん、どうもありがとう」

翌2日付のインスタグラムで、マライアさんは感謝の言葉とともに手形を取っている時の写真を投稿した。見ると「激太り」の姿はなく、以前の「歌姫マライア」に戻っているようだ。

複数のメディアがセレモニーの様子の写真を配信しているが、いずれも夏と比べて大幅にやせている。

どのようにして劇的な体重減を実現したのか、マライアさん本人はこれまで明らかにしていない。一方で欧米の大衆メディアは大きな関心を寄せている。米オンライン芸能ニュース「ページシックス」は11月6日、マライアさんが10月にビバリーヒルズの著名な医師執刀の元で胃の一部を切除する手術を受けたと報じた。胃のサイズを小さくすることで、これまでより早く満腹になると書かれている。本人も手術後に成果を見いだしているようだ。ただ、情報源が誰かは記事中で明らかにされていない。

減量手術は、肥満治療のひとつ。東京都にある四谷メディカルキューブのウェブサイトによると、「肥満先進国である米国では年間21万件以上が施行されている治療法」だという。

KONISHIKIは故郷ハワイで手術

四谷メディカルキューブでは、減量手術の対象者を「肥満度の指標であるBMIが30以上で、肥満に起因する合併疾患を有する方」としている。BMIは、体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った数値を指す。また手術は腹腔鏡下で行い、開腹手術のように大きな傷は残らない。

手術方法は数種類ある。複数の医療機関のサイトを見ると、胃を20〜30ccの小袋に分けて小腸につなぐ、胃をバナナ状に細く切り取ってしまう、胃の上部にバンドを巻いて締め付け、大小2つの部分に分けてしまう、などだ。先述の「ページシックス」によると、マライアさんが受けたのは胃を細くする「スリーブ状胃切除手術」とされる。

かつて大相撲で大関・小錦として活躍し、現在はタレント・ハワイアン歌手のKONISHIKIさん(53)も、減量手術を受けたひとりだ。現役力士のころから200キロ台後半の圧倒的な体格とパワーで相手を圧倒した。1997年に引退しタレントに転身すると、体重はますます増えた。その弊害で体調を崩しがちとなり、故郷ハワイでの減量手術を決意。2010年5月13日付の「ヨミドクター」によると、2008年2月に「おなかの6か所に穴を開けて器具を入れ、胃を小さく切って小腸につなげる手術を受けた」。

KONISHIKIさんの公式サイトでは、体重は公表されていない。ブログに掲載されている最近の写真を見ると、一般の人と比べればまだ「ビッグサイズ」とはいえ、かつての姿と比較すれば一回り小さくなった印象だ。何より今も元気に音楽活動を続けていることから、減量手術は成功だったと言えそうだ。