雨の日ランも大丈夫!3000円台のBluetoothイヤホンは音もいい!

写真拡大 (全4枚)

トレーニングやランニングなど、スポーツシーンで使うイヤホンなら、小型軽量、ワイヤレス、そして防水性能は必須条件。でも、何か大切なことを忘れているような……。 そう、いちばん大事なのはなんといってもサウンド性能。そもそも音楽を楽しむために使うわけですから、肝心の音質がいまいちではやっぱり気分がアガりませんよね。

その点、この秋Ankerの新モデルなら文句なし! 「Anker SoundBuds Slim+」は、手頃な価格ながら高音質を実現した人気モデル「SoundBuds Slim」のアップグレード版です。

「Anker SoundBuds Slim+」は、16gの超軽量、汗や小雨にも負けない防水性能に加えて、音質面をさらに強化したカナル型Bluetoothイヤホンです。二重構造のドライバーとaptXを新たに採用することで音質を強化、迫力あるクリアなサウンドを実現しています。

外装の防水規格もIPX5にアップグレード、さらに内部のナノコーティングにより、運動中の汗や突然の天気の急変も気になりません。フル充電から約7時間の連続再生に対応するので、長時間のトレーニングやサイクリング、トレッキングでの使用もOK。

イヤーチップやイヤーフックのほか、フィットクリップ、シャツクリップ、カラビナ付きで使いやすいトラベルポーチが付属。これだけの性能・品質で、3499円という低価格も驚きです。

>> Anker「Anker SoundBuds Slim+」

 

 

(文/&GP編集部)