『総特集 木原敏江 エレガンスの女王』(木原敏江/河出書房新社)

写真拡大

 漫画家・木原敏江の48年間の画業をまとめた『総特集 木原敏江 エレガンスの女王』が、2017年10月26日(木)に発売された。

 同書は、木原が手掛けてきた作品のカラーイラストを60点以上も収録した1冊。不朽の名作『摩利と新吾』『アンジェリク』『夢の碑』をはじめ、『天まであがれ!』、ロマンスシリーズなどの愛らしい初期作から、最新作『白妖の娘』までの美麗カラーイラストが収められている。

 他にも木原の2万字インタビューを掲載。生い立ちから漫画家デビュー、そして現在まで、表現者としての知られざる苦闘と想いを語っている。また「木原敏江×青池保子×萩尾望都」のスペシャル鼎談では、少女マンガ界を牽引してきたレジェンドであり、旧知の間柄でもある3人がお互いについて思う存分語り尽くす。

 さらに、超美麗カラーを完全再現した『封印雅歌』と『夢占舟』も特別収録。ほかにも、ヤマダトモコによる論考「『木原座』があるかぎり」、『別冊マーガレット』『週刊セブンティーン』などの掲載誌でたどる「木原敏江 主要作品解説」、1968〜2017年に及ぶ全作品リストなど、資料的要素も充実している。

 同書の発売を記念して、2017年11月3日(金・祝)から11月14日(火)にかけて「銀座スパンアートギャラリー」で原画展の開催が決定。貴重なカラー原画、マンガ原稿の展示に加え、書籍・複製画・オリジナルグッズの販売も行われる。同書を手に足を運んでみてはいかが?

■「木原敏江 原画展」
会期:2017年11月3日(金・祝)〜11月14日(火)11:00〜19:00 ※11月8日(水)は休み
入場料:無料
会場:銀座スパンアートギャラリー
⇒「銀座スパンアートギャラリー」公式サイト

※掲載内容は変更になる場合があります。