サッカーダイジェスト11月9日発売号で対談を行なった長澤(写真右)と武藤。長澤のJ1初ゴールの話題となると……。写真:田中研治 

写真拡大 (全2枚)

 11月10日、日本代表はフランスのリールで、国際親善試合のブラジル戦に挑む(キックオフは現地時間13:00[日本時間 21:00])。
 
 注目の一戦で期待を集めるのが、スタメンでのA代表デビューを目指す長澤和輝だ。
 
「サッカー選手として代表に選んでもらえるのは光栄なことです。でも、チームとしても個人としてもこれからが正念場です。とりあえず余計なことを考えずに、目の前の試合に臨みたいです」
 
 代表合流前には冷静に心境を語っていた長澤だが、31節(10月29日)の広島戦では、遠藤航の右からのクロスを豪快なボレーで合わせてJ1初ゴールをマーク。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が賞賛したACL準決勝の上海上港戦での好パフォーマンスを含め、調子は上々だ。
 
 もっとも、広島戦のゴールシーンは先輩の武藤雄樹から冗談交じりにツッコミを入れられた。
 
「喜び方がめちゃくちゃダサかった(笑)。なにをしているの!? みたいな。あれを日の丸を背負ってやっちゃダメ(笑)」
 
 その言葉に長澤は「練習しなくちゃですね。先輩から学びます」と反省。果たしてその教訓を胸に、日本代表では独自のパフォーマンスを見せられるのか? ゴールを奪った後の姿が楽しみだ。

(※『サッカーダイジェスト』11月23日号より抜粋・加筆修正)
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)