「日本戦のブラジル代表は『1.5軍』でなめている?ばかばかしい見解に物申す!」

写真拡大

今晩21時、フランスの地で、日本代表がいよいよ「サッカー王国」ブラジル代表に挑む。

ここ数日は、当然ながらサッカーメディアもこの試合の情報をこぞって扱い、その熱量も試合が近付くにつれてパワーアップ。日本代表戦士たちの生の声は、ひっきりなしにインターネットやテレビに乗って届けられ、「○○選手が注目」「○○選手が先発濃厚」といった見出しが、世間を騒がしている。

そんな中、先日とあるメディアで報じられた一つのニュースが気になった。

その内容は、「ブラジル代表はあくまでも次戦のイングランド戦がメインであり、日本戦はそれに向けた練習試合の位置付け。メンバーも『1.5軍』になることが決定的で、日本はブラジルになめられている」という類の話だった。

だが、果たして本当にそうなのだろうか。

その情報によれば、この遠征でのブラジル代表は、イングランドへ移動しやすい空港近くのホテル(一泊約1.3万円の二泊)を選び、日本に向けてコンディション調整がしやすい市街地でのホテルをあえて避けたらしい。

たしかに、この話だけを掻い摘むと、彼らの照準は日本戦ではなくイングランド戦に合わせていることは明らかだ。

だが、それを「なめている」と評するのは少し違うような気がする。「なめている」というより、総合的に判断した上で、適切なスケジュールを組んだまでではないか。

日本代表よりもチームの合流は遅く、限られた時間の中でイングランド戦の対応もしなくてはならないとなれば、当然の判断であると思う。

彼らのようにW杯で優勝を狙う――それが使命である――チームとなれば、「イングランドのような強豪との試合は、可能な限り万全な状態で挑みたい」と考えるのが至極当然だ。

仮に日本戦で大勝を飾ろうとも、イングランド戦で不甲斐ないパフォーマンスを見せては、メディアも黙っていない。逆に、日本戦が決して満足がいかない結果であっても、イングランド戦で結果さえ残せれば、万々歳である。

つまり、彼らが求められているものと課せられているものは、日本とは異なるものであり、各々に狙いと思惑があるというだけの話。だから、決して「なめている」わけではない。

また、同様に論点となったのが、ブラジル代表を率いるチチ監督が試合前日の記者会見で「いつもとは違うメンバーを試したい」と発表した、以下の“予告“先発だ。

GK:アリソン

DF:ダニーロ、チアゴ・シウヴァ、ジェメルソン、マルセロ

MF:カゼミロ、ジュリアーノ、フェルナンジーニョ

FW:ヴィリアン、ガブリエウ・ジェズス、ネイマール

ダニ・アウヴェス、マルキーニョス、ミランダ、パウリーニョ、レナト・アウグストのようにW杯予選で先発起用が多かったメンバーは控え。さらに、コンディション不良のフィリペ・コウチーニョもイングランド戦に向けて温存された構成だ。さらに、ネイマールについては「前半45分間だけプレーさせる」という話である。

そして、この結果、生まれたのが「やはり、日本はなめられている」という見解であった。

たしかに、「これまで先発が多かった選手を控えにしてきた」という意味では「1.5軍」なのかもしれないが、その実力にフォーカスすれば、今回の先発メンバーも「1軍」と称せるレベルである。少なくとも「1.5軍」と評されるような面子ではない。

そして、選手自身の意識もそうだろう。

彼らが「このチャンスを活かしたい」という気構えであることは間違いなく、個々のパフォーマンスではW杯南米予選よりも上回る可能性だってある。

それは彼らが置かれている状況を見てもすぐにわかる。

DFラインは、ダニーロ、チアゴ・シウヴァ、ジェメルソンがいつもの顔ぶれと違うが、彼らが本大会メンバー入りにかける思いは強く、特にチアゴ・シウヴァは、セレソンで長きに渡って守備の要として君臨してきた実力者だ。

度重なる怪我の影響もあって、「全盛期は去った」と見られることも少なくないが、それでも世界屈指のセンターバックであることは自明の理。人にもボールにも強さを発揮し、奪ってからのディストリビューションにも陰りはない。このタイミングでレギュラー復帰を果たし、「PSGでコンビを組むマルキーニョスと共に代表でもセンターバックを築きたい」という思いは今でも持っているはずだ。

中盤に目を移すと、不動のカゼミロがアンカーに位置するが、ここでハイレベルな争いを見せているのがフェルナンジーニョ。

シティで彼をよく知るグアルディオラが「世界最高の守備的MF」と評する選手であるが、代表レギュラー争いでは後手を踏んでおり、今回は一つ前のインサイドハーフとしてプレーする予定だ。

名を上げたシャフタール時代がそうだったが、元々は攻守で存在感を見せられる選手のため、今回の起用で良さをより発揮できる可能性はある。いずれにせよ、彼としては、「現レギュラー格のパウリーニョとはまた違った特長を見せよう」と躍起になるはずだ。

またその考えは、トルコのフェネルバフチェで活躍するジュリアーノも同様だろう。

彼が戦うポジションは、フィリペ・コウチーニョの”聖域“だ。世界最高峰の攻撃的MFを相手にその序列を崩すことは極めて難しく、ダイナミズムとテクニックを兼ね備えたレナト・アウグストの存在があることも忘れてはならない。

仮にフェルナンジーニョがインサイドハーフでレギュラーを掴むような展開になれば、インサイドハーフは、パウリーニョ、レナト・アウグストがバックアッパーとなるだろう。

となれば…ジュリアーノの未来は明るいものではない。

得点力もアシスト能力もあり、オフザボールの動きでも貢献できる高性能な万能型アタッカーではあるが、危機感で言えば、フェルナンジーニョ以上のはずだ。

つまるところ、彼らは「1.5軍」と評価するには失礼なメンバーであるということだ。

また、ほとんどの選手のモチベーションは「1軍」以上であるということは間違いなく、少なくとも選手には「日本をなめる」という感覚はないと断言できる。相手の力を推し量るような淡白なプレーではなく、自らの最大限のパフォーマンスを出そうとするはずだ。

そして、その観点では、日本代表のメンバーにも近いものがあるだろう。

「この欧州遠征を転機にロシアW杯へ!」

誰がその強い思いをピッチ上で表現してくれるのだろうか。

彼らの鬼気迫るパフォーマンスからは目が離せない。