心拍停止状態&白目を剥いたエレン・ペイジらの姿が 『フラットライナーズ』ポスタービジュアル

写真拡大

 12月22日に公開される映画『フラットライナーズ』より、ポスタービジュアルが公開された。

参考:映画興行、秋の変? R指定ホラー『イット』が『ラストレシピ』を上回る2位に初登場

 本作は、1990年に公開された同名映画のリメイク作品。「人は死んだらどうなるのか?」という好奇心から、医学生5人が始めた“臨死実験”が引き起こす、恐怖の体験を描く。オリジナル版の製作を務めた俳優マイケル・ダグラスが再び製作を務め、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴが監督を務めた。危険な実験の首謀者となる医学生コートニー役で『JUNO/ジュノ』『X-MEN:フューチャー&パスト』のエレン・ペイジが出演。さらに、オリジナル版では医学生として出演したキーファー・サザーランドが医大の教授役として出演している。

 今回公開されたポスタービジュアルでは、医学生たちが心拍停止状態で横たわっている姿と、白目を剥いたおぞましい形相で大きく口を開け、体から抜け出したかのようなもうひとつの体が描かれている。青白く光る心電図の波形は左から右へ徐々に弱まり、やがてフラットライン状態(心停止)になっていく。(リアルサウンド編集部)