ナイル・ホーラン、全米1位を知らされ「純粋に興奮した」 ビートルズの記録タイに「信じられない」

写真拡大

 ワン・ダイレクション(1D)のメンバー、ナイル・ホーランが2017年11月8日、【カントリー・ミュージック・アソシエーション・アワード(CMA賞)】のレッドカーペットで米ビルボードとのインタビューに応じた。

 ニュー・アルバム『フリッカー』が全米アルバム・チャート“Billboard 200”初登場1位を獲得したことについてお祝いを米ビルボードが述べると、「ありがとうございます。聞きたいことはそれだけだよね。(曲を)書いたら、“ビルボードTOP200で1位”って聞きたいものだけど、それを実際に知らされたわけだよ」と嬉しそうに答えた。

 『フリッカー』が全米1位になったと知った時、ツアーで訪れていたフィラデルフィアで公演開始45分前だったそうだ。「マネージャーがやって来て……彼は落ち着いている人なんだけどさ、僕のところへやって来て、“正式に決まった”とだけ言ったんだ」と彼は言い、「自分たちがちょっとだけ優勢なのは知っていたけれど、結果は最後まで分からないものだからね。でも純粋に興奮してさ、その夜のライブはいつもよりレベルが違うものになったよ、あまりにも興奮してたから」と当時を振り返った。

 自身のアルバムが1位になったことで、メンバー3人のソロ・アルバムが全米1位を獲得したグループとしてザ・ビートルズに並んだことについては、「統計として読むと結構かっこいいよね。ザ・ビートルズは(あの)ザ・ビートルズだからさ。僕たちはたまたま3人かそこらのメンバーがいただけのグループだけど、あんなことを読めるなんて信じられない。どうやって反応すればいいのか言葉にするのが本当に難しいよ」と興奮冷めやらぬ様子だった。
 
 ナイルはその後、マレン・モリスとのコラボ曲「シーイング・ブラインド」をステージで初披露し、彼女の楽曲「アイ・クッド・ユーズ・ア・ラヴ・ソング」でもギターで参加した。


◎インタビュー映像
https://youtu.be/7DxdB3c_a-A