米国のトランプ大統領は8日から10日にかけて中国を公式訪問した。

写真拡大

米国のトランプ大統領は8日から10日にかけて中国を公式訪問した。トランプ大統領は就任1年目で、米中両政府の「100日計画」と名付けた経済協力をスタートさせた。同計画の成果の一つとして、米国産牛肉の中国への輸入が14年ぶりに再開された。新華網が伝えた。

【その他の写真】

米国は世界的に牛肉生産量の高い国で、中国の牛肉消費量が年々増加し続けているなか、米国産牛肉の輸入によって中国産牛肉の供給不足をある程度補うことができる。米国の牧場から牛肉が中国の食卓へと運ばれるというこの米中経済貿易の成果は一般市民の生活にますます多くの恩恵をもたらしている。(提供/人民網日本語版・編集/YK)