眉マスカラの使い方1.眉頭は毛流に逆らって

写真拡大

【写真を見る】眉マスカラの使い方2.眉じりは毛流に沿って

あか抜け顔の決め手は、今どきの“ちょい太ナチュラル眉”。眉毛が濃い人やしっかり生えている人は、意外と苦戦しているのでは? 簡単に軽やかでやさしい印象になる眉マスカラを活用してみて。

 

■ 【HOW TO 眉マスカラの使い方】

●1.眉頭は毛流に逆らって

眉頭から眉山までの毛は、毛の流れと逆の方向にブラシを動かして塗ると、立体的でナチュラルなイメージに。

 

●2.眉じりは毛流に沿って

眉山から眉じりは、毛の流れに沿ってブラシを動かします。つけ過ぎないよう塗る前にブラシをしごいて。

 

<お助けアイテム>

●色×質感を変えてナチュラルな仕上がりに。インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ 全4種 1,295円(編集部調べ)/資生堂

 

●描きやすいフラットチップなので、微細粒子のパウダーが眉毛のすき間を埋め描きやすい。ファッションブロウパウダーチップ 自然な茶色 1,200円/メイベリン ニューヨーク

 

●パウダーなのにウォータープルーフで、10時間という抜群の化粧もち。ファシオ チップトリックパウダーアイブロウ ライトブラウン BR300 1,300円/コーセーコスメニエンス

ペンシルで自然なちょい太を描くのは難しくても、マスカラなら簡単! まだ使ったことのない人はぜひ試してみて。