※写真はイメージ

写真拡大

日本テレビ系TOKIOの冠番組『ザ!鉄腕!DASH!!』。

2000年にスタートした『DASH村』を作る企画に始まり、アイドルであるはずのTOKIOが農業に取り組むなど、さまざまなロケに挑んできました。

TOKIOのメンバーは楽しそうに様々な作業に取り組んでいますが、時につらそうな表情を見せることもあります。

気になるのは、実際にロケをやっているTOKIO本人たちにとっては、どんな作業が一番つらいのかということ。

TOKIOの城島茂さんが2017年11月5日放送の日本テレビ系バラエティ番組『おしゃれイズム』に出演した際に、その答えを語っていました。

城島さんが振り返る『ザ!鉄腕!DASH!!』の23年間で一番つらかった作業とは、何だったのでしょうか。

本当に大変!城島リーダーが振り返る番組史上No.1の重労働とは

番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也さんから「DASHとかでキツいロケやってきたでしょ?」と問われた城島さんは「相当やってきましたね」と、冷静に返答。

そして、上田さんから「特にしんどかったロケ」について聞かれた城島さんは『DASH村』でのロケで経験したある作業を挙げます。

長瀬智也さんの提案で行われた井戸掘り。

おしゃれイズム ーより引用

「DASH村に水が欲しい」という理由から、井戸を掘ろうと提案した長瀬さん。

その結果、城島さんと長瀬さん、山口達也さんの3人で井戸を掘ることになったそうです。

しかし、ちょうどそのタイミングで長瀬さんにドラマの出演が決定することに!3か月もロケに参加できなかったため、城島さんと山口さん2人だけで井戸を掘ることになってしまったのです。

井戸掘りといっても、TOKIOの2人であればなんとかこなしてしまったのでは、と想像してしまいます。

上田さんは改めて「やっぱ、相当しんどいですか?井戸を掘るのって」と軽めに尋ねました。

すると、その質問を聞いて当時を思い出したのか、城島さんは顔をしかめて「井戸は本当に大変! 掘るのは大変!!」と、熱弁。

なんと、約15mも掘ったとのこと。掘った場所で、もし水が出てこなかったら…という不安もあったそうです。

幸い、無事に水が出てきたそうですが、もし、そうでなかった時には「長瀬! 出えへんやろ、長瀬!」と、長瀬さんを責めることも考えていたと話します。

視聴者の反応は?

・井戸掘りというのはちょっと意外。

・城島リーダーがいうのなら相当大変なんだろうな。

・3か月も井戸掘るのはそりゃしんどいだろ。

・オンエア見たけど、あれを自分がやれといわれたら、絶対に嫌だな。

・長瀬さんも相当申し訳なく思ってただろうね。

・水が出てくれて本当によかった!

今後、井戸掘りを超えるつらい作業が出てくるのかも気になるところですね。ですが、どんな困難な作業も、TOKIOなら乗り越えてしまいそうに思えます!

[文・構成/grape編集部]