ハリルが挑む「ポスト香川」の賭け 今も解き明かせない現代表で輝けない理由

写真拡大

欧州遠征メンバーから外れた“3人”で、最も分かりにくい香川の招集外

 日本代表の欧州遠征メンバーから、FW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター)、MF香川真司(ドルトムント)の3人が外れている。

 これまで代表を牽引してきた3人が、これでロシア・ワールドカップ(W杯)のメンバーから外れると決まったわけではない。ただブラジル、ベルギーとの試合で招集しなかったのは、バヒド・ハリルホジッチ監督の構想において、彼らは高い優先順位にないということだと思う。

 主に右サイドで起用されてきた本田は、チーム戦術に最適な選手とは言えない。ハリルホジッチ監督が、このポジションに求めているのは「スピード」と「運動量」だ。本田には「経験」と「技術」と「決定力」があるが、それが第一に求められているものではない。両ウイングに重用されているFW浅野拓磨(シュツットガルト)、FW乾貴士(エイバル)、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)、FW久保裕也(ヘント)といった選手との比較で明らかだろう。

 岡崎の1トップに関しては、ファーストチョイスがFW大迫勇也(ケルン)ではっきりしている。ハリルホジッチ監督の日本代表は9人が引いて守備をするので、前線に残る選手にはキープ力が必須になる。ここで2秒間ほどキープできないと、押し上げができずカウンターにならない。岡崎は本田ほど規格に合わないわけではないので、FW杉本健勇(セレッソ大阪)やFW興梠慎三(浦和レッズ)とのポジション争いになる。

 本来のポジションで言えば本田は「トップ下」、岡崎は「サイドハーフ」が最適ではないかと思うのだが、ハリルホジッチ監督は今まで二人をそこで起用したことがない。ただ、右サイドの本田、1トップの岡崎が現状の序列において上位でないのは不思議ではない。分かりにくいのは香川の招集外だ。

乾、原口もトップ下のライバルになり得る

 香川はトップ下のファーストチョイスだった。アジア予選の途中でトップ下のポジションそのものがなくなったので(中盤の底にアンカー1人を置き、インサイドハーフ2人が並ぶ構成に変更)、香川を必要としなくなったと考えることはできる。だが、今回の欧州遠征でMF森岡亮太(ワースラント・ベベレン)が招集されているところを見ると、ハリルホジッチ監督がトップ下のポジションを構想外にしたとは思えない。

 また、乾か原口をトップ下で起用するのではないかとも推測している。この2人はハリルホジッチ監督の求める守備力と運動量という条件を満たしている選手たちの中で、最もクリエイティブなアタッカーだ。しかし、どちらも左ウイングなので、同時に使えるのはどちらか1人になってしまう。原口の右サイドも試してみたが、いまひとつだった。2人を共存させるために、どちらかをトップ下で起用するのではないか――。ウイングプレーヤーのトップ下起用は、アルジェリアでのFWヤシン・ブラヒミ(ポルト)の例もある。

 予選のベストゲームだった本拠地オーストラリア戦のMF井手口陽介(ガンバ大阪)、MF長谷部誠(フランクフルト)、MF山口蛍(C大阪)の3人が中盤のレギュラー候補になるだろうが、得点しなければならない状況になれば、少なくとも1人を攻撃的な選手に代えるオプションが必要だろう。それはトップ下ではなくインサイドハーフかもしれないが、いずれにしてもクリエイティブな選手は用意しておきたい。今のところ、MF倉田秋(G大阪)、MF小林祐希(ヘーレンフェーン)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、乾、原口、森岡、香川が候補になる。

 ポジションはある。そして実績と能力からいって、香川が候補者の中でランクが低いわけでもない。ではなぜ、重要な強化試合に招集されなかったのか。

ハリル監督が再び香川に戻るようなら…

 考えられるのは、香川のテストは終わっているということだ。他の選手について言えば、テストはまだ途中ないし、試してもいない。今回は他の選手にチャンスを与えたかったのだろう。もちろん、香川がこれまでのプレーで信頼を勝ち取っていれば、今回も招集されていたはずだ。残念ながら、監督の要求に十分に応えられなかったと思われる。

 香川は日本が生み出した最もクリエイティブな選手の1人だ。しかし、ハリルホジッチ監督下のチームでは、攻撃をブーストする役割を果たせていない。香川の特徴が最も生きるはずのバイタルエリアでボールを持っても、何も生み出せないことが多かった。

 本田や岡崎のように、ポジションに求められる資質の点で序列が下がっているなら招集されない理由は分かりやすい。ところが香川の場合はそうではなく、本人とチームの相性が悪いとでも言うべき状態なのだと思う。ずっとその状態でありながら、これまで香川を諦めていなかったのを見ると、おそらく監督もその理由をつかめていない。W杯まで時間がなくなったので、他の選手の可能性を試したくなったと考えられる。

 乾、原口、森岡、倉田、少しタイプは違うがMF長澤和輝(浦和)にとっても、自らの能力と存在感を示すチャンスだ。一方、それも不発に終わって再び香川に戻るのであれば、ハリルホジッチ監督に手がなくなったことを意味する。

【了】

西部謙司●文 text by Kenji Nishibe

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images