▽Jリーグは10日、10月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J1は北海道コンサドーレ札幌のFWジェイが選出された。ジェイは初受賞となる。

▽ジェイは10月に行われた明治安田生命J1リーグで3試合に出場し4得点を記録。J1残留を目指すチームにとっての救世主となっていた。Jリーグ公式サイトは、ジェイのコメントを紹介している。

◆FWジェイ(北海道コンサドーレ札幌)

「月間MVPを受賞することができて非常に嬉しく思っていますし、チームメイトやスタッフ、そしてサポーターの皆さんに感謝したいです。彼らのサポートがなければ僕はゴールを決める事ができなかったですし、アシストもできなかったと思っています」

「今回は僕が受賞する事ができましたが、他のチームの選手はもしかしたら悔しさを感じているかもしれません。僕はそういった選手の想いもしっかりと受け止めて、残りの試合も全力でプレーをしたいと思っています」

▽また、Jリーグはジェイの選出について選考委員会による総評を紹介している。

「10月の北海道コンサドーレ札幌は2勝1敗で同月の月間順位が5位と躍進。その中でジェイ選手は同月チームが奪った6点中4得点、1アシストの活躍を見せて残留争いをしているチームに貴重な勝利をもたらした。第29節では優勝争いをしている柏相手に2得点を挙げてチームを勇気づけると、続く第30節(vs FC東京)でも2得点を挙げて連勝に貢献。今年7月に加入すると第19節(7/29)で浦和を相手にホームで初出場初得点を決める活躍を見せ、以降徐々にチームにフィット。自身の得点のみならず、190cmの長身を生かしたポストプレーでチームの攻撃に厚みを持たせている。その得点力の高さと、チームでの存在感の大きさに評価が集まり、10月のMVP獲得となった」