新潟が2018シーズンのユニフォームデザインを発表! 1stユニは「橙蒼心-TOSOSHIN-」

写真拡大 (全3枚)

▽アルビレックス新潟は10日、2018シーズンのユニフォームデザインを発表した。クラブは「オレンジ、ブルーの闘争心を胸に、その象徴となる新ユニフォームをまとい、2018シーズンも共に闘いましょう!」と呼びかけている。

※スポンサーマークは2017シーズンのものであり、2018シーズンは変更になる場合がある
▽新潟の2018シーズン 1stユニフォームは「オレンジ」で「橙蒼心-TOSOSHIN-」とネーミング。パワーの最大化をテーマに、クラブカラーであるオレンジとブルーを強調した大胆なデザイン。多くのサポーターの魂、エネルギーをパワーに変え、オレンジ、ブルーの闘争心を胸に一試合一試合戦い抜く気持ちを表現したデザインになっている。

※スポンサーマークは2017シーズンのものであり、2018シーズンは変更になる場合がある
▽2ndユニフォームは、「白」で、CONDIVO18を採用。3本の黒ストライプが肩の上に置かれ、トップの周りにトリムが付いたシンプルなクルーネックとなっている。

▽なお、11月24日(金)12時から「2018シーズン新ユニフォーム先行予約販売」を開始。2018年1月14日(日)20時まで販売。2018シーズンはシーズンパスとセットでユニフォームを購入するとお得な「シーズンパス+ユニフォームセット割引販売」を実施し、セット販売の対象は1stユニフォーム(オレンジ)のみとなる。

▽また、全ユニフォームが半袖のみの展開となり、GKユニフォームのデザインは2017年12月中旬〜下旬に発表する予定とのことだ。