日本代表DFが警戒するブラジルの両翼が“中に入る”瞬間 「中盤がいかに後ろを助けるかが…」

写真拡大

リオ五輪代表で対戦経験のある遠藤が語る、ブラジル戦のポイント

 前回10月に続いて日本代表招集となった浦和レッズのDF遠藤航は、ブラジル戦に向けて「勇気やパワーをいつも以上に持たないと、カウンターすらやらせてもらえない」と、メンタル面で強く臨むことの重要性を話した。

 遠藤は所属の浦和ではここ最近、サイドバックを務めている。しかしバヒド・ハリルホジッチ監督はメンバー発表会見で「代表では中盤」と明言し、アンカーのポジションを争うことがハッキリしている。主将のMF長谷部誠(フランクフルト)の状態次第では抜擢の可能性もある遠藤は、昨年夏のリオデジャネイロ五輪直前に対戦したU-23ブラジル代表戦にも出場していたFWネイマールやFWガブリエル・ジェズスについての印象を語った。

「ネイマールは基本的な技術やスピード、ドリブルはもちろんですけど、ボールを受けるポイントで捕まえづらい場所にいつもいる。ジェズスに1トップのイメージはなくて、僕らの時は右にいたけど、前にいた方が裏への抜け出しとかゴール前での仕事を生かしてくると思う」

 遠藤はブラジルの攻撃で特に警戒するポイントを、ウイングの選手が中に切り込んでインサイドプレーをする瞬間にあると話している。

「特にサイドバックがどこまでついていくのか、中盤が入るのかが大事だと思うし、上がってくるサイドバックへのケアという難しさは感じながらやらざるを得ないと思う。ブラジルの中盤は球際が強くてボールを奪うのが上手いけど、スルーパスやつなぎも上手い。前を向かせないのが理想で、2列目から飛び出してくる選手はセンターバックとのコミュニケーションが必要。中盤がどうやって後ろを助けられるかが大事だと思う」

「勇気やパワーをいつも以上に持たないと…」

 サイドバックがついていきすぎれば、ブラジルのサイドバックがオーバーラップしてスペースを使い、中盤との受け渡しがスムーズにいかなければそのまま中央を崩されてしまう。左からネイマールが入ってくるところで、どのように連携してスペースを埋められるかが、日本の守備で一つのポイントになりそうだ。

 その上で、守っているだけではジリ貧になる試合に対し、遠藤はメンタル面の重要性をこう話す。

「守備から攻撃への切り替えで前に出ていく勇気やパワーをいつも以上に持たないと、カウンターすらやらせてもらえないと思う。守備からカウンターというイメージはできていると思うので、後はピッチでどれだけ出せるか」

 今季、所属の浦和ではAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で上海上港(中国)の元ブラジル代表FWフッキや同MFオスカルと対峙してきた。そうした経験を生かすブラジル戦で、遠藤はピッチに立つチャンスを得られるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images