劇中でも息の合った共演を見せた山崎賢人&橋本環奈が双子ダンスを披露!/(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

写真拡大

映画「斉木楠雄のΨ難」(公開中)に出演する山崎賢人がInstagramに投稿した“橋本環奈と双子ダンス”動画が、10月の動画再生回数日本一を記録する大反響を巻き起こしている。

山崎賢人、インタビューで「斉木楠雄」への思いを語る

「斉木楠雄のΨ難」は、麻生周一氏による人気原作コミックをコメディの異才・福田雄一監督が実写化し、人気俳優・山崎賢人らが出演に名を連ねた注目作。生まれながらにとんでもない超能力を持ってしまった斉木楠雄(山崎)が、妄想全開美少女・照橋心美(橋本環奈)や元暴走族の総長・窪谷須亜蓮(賀来賢人)、中二病全開の海藤瞬(吉沢亮)ら超個性的なクラスメートたちにカラまれるうちに地球滅亡の危機に立ち向かうハメに――という壮大なギャグコメディで、ゆずが歌うサイキックかつポップな主題歌「恋、弾けました。」も話題をさらっている。

“双子ダンス”フィーバーの発端は、10月12日に公開された「恋、弾けました。」のミュージックビデオだった。サイキックな“斉木楠雄”の世界観を表現するため、ゆずの2人が全身ピンクの衣装を身にまとい、双子のように息の合った“双子ダンス”を披露。それを見た山崎と橋本が双子ダンスを踊り、その映像を山崎のInstagramで公開したのだ。

映像が公開されたのは、「恋、弾けました。」配信リリース日の13日。2人は笑みを浮かべつつ“恋ハジ双子ダンス”に挑戦した。アイドルとしてのキャリアも持つ橋本は見事なダンスを披露。その隣で山崎が照れつつ同じ振りを披露する映像に「双子ダンス 踊ってみた 環奈ちゃん100点 俺75点」というコメントが添えられた。映像の再生回数は、10月末までの18日間で驚異の6,192,618回となり、国内のInstagram月間再生回数ランキングで、2位に175万回以上の差をつけ1位に輝いた。

本家であるゆずのミュージックビデオもすでにYoutubeで視聴回数174万回を超えている。加えて、共演者の賀来賢人・吉沢亮も双子ダンスを踊り、10月14日に吉沢の公式Twitterで公開。こちらも6万回以上の「いいね」を獲得し1万9千件以上リツイートされるなど大フィーバー。こうしたキャスト陣の動きをきかっけに、一般のファンの間でも友達同士などで“踊ってみた”と映像が投稿・拡散される“双子ダンス旋風”を巻き起こしている。

同曲制作にあたり、「斉木楠雄のΨ難」原作コミックも読み、「作中から様々なヒントを得て、楽曲に反映させました」「それにしても、実写のクオリティが高い!」とコメントしていたゆず。そのパッションが再びキャストに、そしてファンへと広がっている。