野あそびキャンプストレージ

写真拡大

 サマリーが展開する収納サービス「サマリーポケット」が11月10日、「スノーピーク(snow peak)」と提携し新サービス「野あそびキャンプストレージ」をスタートした。専用のプリペイドカード「野あそびキャンプストレージカード」(1枚、税別1万4,000円)が、スノーピーク直営店とオンラインストアで取り扱いを開始している。

 野あそびキャンプストレージは、キャンプ用品に適した専用ボックスで荷物を預かる保管サービス。プリペイド式のサマリーポケットカードを通じた提携はセレクトショップのナノ・ユニバースに続くもので、カードを購入し専用ページからカード裏のシリアルコードを入力して会員登録すると、スノーピークオリジナル専用ボックスが1箱届く。ボックスのサイズは幅70cm、奥行38cm、高さ45cmで、スノーピークの2ルームシェルター「ランドロック」の本体とフレームが入るサイズ。ボックスに詰めて送ったアイテムは、温度や湿度が徹底管理された環境で12カ月間保管。荷物はサマリーポケットのアプリからいつでも写真で確認することができるほか、10万円まで補償される。
 12カ月以降は月額1,200円で、2箱目以降のボックスもサマリーポケットのアプリから注文が可能。キャンプ等で必要になった際には1点から取り出すことができ、最短翌日に手元に届く。また、預けた荷物が不要になった際は「ヤフオク!」に出品できるサービスも用意されている。