『キングスマン:ゴールデン・サークル』ScreenXで上映決定 臨場感あふれるScreenX版特別予告も

写真拡大

 2018年1月5日に公開される映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、ScreenXで上映されることが決定。あわせて、ScreenX版特別予告が公開された。

動画はこちら

 本作は、2015年に公開された『キングスマン』の続編となるスパイアクション。イギリスのスパイ機関“キングスマン”が、アメリカのスパイ機関“ステイツマン”とともに、“ゴールデン・サークル”が企む陰謀を阻止するために奮闘する模様を描く。

 ScreenXシステムは、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に日本初導入された、正面だけでなく左右側面(壁面)にも映像が投影される次世代型映画上映システム。

 このたび公開されたScreenX版特別予告には、ロンドンでのカーチェイスシーンや、敵の基地であるポピーランドへ突入するアクションシーンなどが収められている。3面スクリーンではそれぞれ車の計測器、ペダル、タイヤ、サイドミラーで敵を確認するエグジーの視線などを映し出す。(リアルサウンド編集部)