ユーロモニター・インターナショナルが発表した調査報告「世界の観光都市トップ100」によると、香港は今年、観光客の間で最も人気の高い都市となり、深センはトップ10入りを果たし、上海とマカオはトップ50にランクインした。写真は香港ディズニーランド。

写真拡大

市場調査の国際大手ユーロモニター・インターナショナルが発表した調査報告「世界の観光都市トップ100」の統計データによると、香港は今年、観光客の間で最も人気の高い都市となり、深センはトップ10入りを果たし、上海とマカオはトップ50にランクインした。ロシア・スプートニク(電子版)の報道を引用して中国新聞網が伝えた。

2017年に香港を訪れた観光客は延べ2570万人に上り、2位にはバンコク(延べ2330万人)が続いた。3位はロンドン(延べ1980万人)。このほかトップ10に入ったのは、シンガポール、マカオ、ドバイ、パリ、ニューヨーク、深セン、クアラルンプールだった。

モスクワは49位で、2017年には延べ460万人の観光客が訪れた。2016年は46位(延べ450万人)だった。予測によると、2020年には延べ500万人、2025年には延べ670万人がモスクワを訪れる見通し。

サンクトペテルブルクは73位(延べ290万人)に入った。モスクワと同じく、サンクトペテルブルクは2016年から順位を3つ下げた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)